2005年 03月 24日

vsPSMマカッサル@マカッサルその6・後半

その6

太鼓は田中君に再び代わる。
選手が出てきたので「エ!フ!マリノス!」コール!
ところが、このコールにかぶせるように「P!S!M」!の大合唱
後を睨み付けるとオッサン1人が周りを煽り始めてる、ムカつくが相手すればさらにまわりは乗ってくる、放っておくしかない。

少し遅れてPSM選手がピッチに登場。岡ちゃんは後半、さっそく那須を投入するようだ。
「誰に代えるんだ?」ワタル君と話す。前半の疲労度で言えばボランチに入っている奥か?大橋を代えて奥をトップ下もできるだろうけど大橋は相変わらずの好調を維持している、下げるのはもったいない。
永輔がアウトしている。前半、相当削られ、奥を自由に動かさせる為にスペースを埋めていた永輔と交代。永輔前半お疲れ様!!
「那須!」那須コール。さすがにPSMサポも2文字のコールには「PSM」を当てはめる事ができなかったようだ。那須が手を挙げる。ガンバレ!

那須投入という事は相手のロングボール処理と早いタイミングへの前線へのフィード。つまり、後半はカウンター狙いという事を意味している。応援もそれに合わせなくては。
「岡ちゃんの選手交代って分かりやすいから応援つくりやすくていいよね」とワタル君と話す。。(会話してる映像がテレ朝に抜かれている。)

PSMサポが応援を再開した中でPSMボールで後半がスタート。拍手で後半を始める。
前にボールをすすめようとするPSMに対し、今度は目の前でプレーする事になる隼磨が速攻インターセプト。タッチを割るが前にボールを運ばせない意気込みが伝わる。

前に来るボールに対してはきっちりセーフティーにタッチラインを切っていく。
PSMはサイドをマリノスが制圧している事もあり、ミドルしか打てない状況が続く。よし、しっかり守備が後半も安定しているぞ。

しっかり守れてる自信からか、ボールを奪った勇蔵がロングフィード!前線で待つ大島がヘッド。力無くあっさり止められるが、これでいい。ターゲットを明確にして、後は清水が走り回れば良いのだ。控えには走れる山崎だっている。

相手ゴールキックからのボールを隼磨が奪取!すぐさま中の大橋へ!大橋が豪快にミドル!ゴールの枠をとらえる事はないが、サイドだけの攻撃ではなく相手にインパクトを与えたハズだ。前半同様、相手DFにほころびができると良いのだが。それにしても隼磨の素早い動きには感心させられる。

大橋のミドルからCKを得る。後半5分くらいだ。「エ!フ!マリノス!」コール。すぐさまPSMコールをかぶせられる、ウザイ
ボールに集中させるために「おーーーーーーーー!オイ!」
奥の蹴ったボールは佑二の頭にあたるがクロスバーの上。

相手ゴールキックの流れからをまたも奪い左サイドドゥトラからのカウンター。「ドン・ドン!オイ!」のコールをいつも通りやるが、やはり「P・S・M」コールをかぶせられる、いい加減飽きろよ、お前らのチーム攻め込まれてるんだから

せっかくの流れもPSMコールされちゃ流れを呼び込みにくい。しばらく太鼓は叩かない方向で。
直後であろうか、カウンターを奪われPSMは右サイドからしかけてくる。ロングボールで哲也と相手FWが競る。相手FWの方が高い!頭にあたりゴールマウスへ!すぐさま走り込んだ勇蔵がカバーリング!タッチに逃れる。
ナイス勇蔵!
「勇蔵」コール。たぶんこの試合を通して枠へ飛んだのは前半の1本と後半のこれだけなハズだ。

CKに「哲也コール」。哲也の方に飛ぶ前にショートコーナーを相手は選択してきたので、泥臭い守備で守り抜く。清水のカウンターなどもあり、戦い方が一貫している。

後半15分になろうとしている頃だろうか。攻め上がった大島と相手の4番がゴール前で交錯。大島はすぐに起きあがるが、カメルーン出身だかのCBは起きあがらずピッチを離れる。しばし試合が中断する。
「水とれーーー!」スタンドから絶叫する。あと30分近く試合はある。今は優位に薦めてるが、気を抜いてはダメだ、しっかり水分を取ってもらわないと。

自分たちも水分を取る。後半は前半に比べ気温もちょっと下がった事もあり楽になってきた。
相手4番はピッチにと戻ってくる。頭に包帯をグルグル巻きだ。遠目に、白いチャイナ帽をかぶってるかのようだ(笑)

そのタイミングで山崎がピッチへ向かう。誰とだ?順当なら清水、大島はターゲットとして有効なのではずせない。そんな事を考えていると岡ちゃんの判断は大橋との交代!
清水がトップ下へとかわるようだ。戦術的に1.5列目からも素早くセカンドボールを狙うという意味合い以上に、メンタル的なガムシャラに取りに行けという意思が伝わってくる。
ピッチを出る大橋に精一杯の大橋コール!よく頑張った!続いてピッチに入っていく山崎に山崎コール!をしている最中に・・・

相手のボール処理のミスを隼磨がうばい、すぐさまシュート!!!!!!
ボールは枠の惜しくも右!!!!しかしこれは価値ある一撃だ!行ける!
そんな空気が漂い始める。隼磨の頑張りがチームを鼓舞している!
「みんな山崎コールで見逃してただろ(笑)」。良い空気が応援するスタンドにも流れる

PSMは選手交代。って、交代するのはドゥトラ対策で代わりに入った7番じゃん!相手ベンチも混乱しているのか、これはものスゴくチャンスの時間帯!!!

相手は交代で流れを変えたいようだが、隼磨の放ったシュートからの流れはマリノス!勇蔵が冷静に相手を対処し、すぐマリノスボールとする。

哲也のゴールキックから再開したボールはオフサイドに引っかかる。相手のボールではじまり、さっき負傷した4番にボールが渡る

フラフラとドリブルをはじめ上がり始める4番。さっそく清水が襲いかかる!かわされるもすぐに山崎が体をいれ走るコースを塞ぐ。こぼれ球を隼磨が奪いカウンター!!!太鼓なしで「オイ!オイ!」と応援にリズムを付ける。
隼磨→大島→隼磨とボールは渡り、隼磨が右サイドを駆け上がる!中央にも枚数がいる!行ける!!
そう感じた時、隼磨がゴール前にいる2枚にではなく、すこしマイナス気味にセンタリング!後から走り込んできた選手がボールを地面にたたきつけながらヘッド!!!
ゴールネットが勢いよく揺れる!!
ゴーーーーーーーーーール!!!!!!!!
「よっしゃ!!!!!!!」アウェーだなんて関係ない大盛り上がりのメインスタンド!ツッチーとタッチ!ヨシ!ナイスゴール!

「山崎だよね?」遠くの席の門旗兄さんの声が聞こえる。間違いなく山崎だ!すぐさま山崎コール!!!
センタリングをあげた隼磨コールを出す。皆が隼磨コールを始めた所で俺は一端隼磨コールを切る。直後失点してもいけないので長くコールをしている場合ではない。一端全員がポジション確認おわった段階で集中切らさせない為に後の田中君の太鼓に指示し「エ!フ!マリノス!」コールをしかける。(テレ朝、ちょうどこの映像抜くのはいいけど、これじゃ俺応援してないみたいじゃないか(笑)これだから島根で映らない放送局は(笑))
d0007758_14325514.jpg


PSMボールでキックオフもすぐにうばい再び山崎のシュート!惜しくも外れるが、ラスト30分での山崎投入はこの灼熱の環境の中で見事にチームを生き返らせた!

試合途中に気付いたが、PSMサポ本陣のバクスタではなくゴール裏で応援しているPSMサポ(ワタル君と「ドコでも勝手にやるやつらはいるんだなぁ(笑)」と話していた)が応援をやめ、横断幕を片づけていた、早いな、諦め。さっさとスタンドの人も帰ってくれればいいのに☆

ここからはお互い決定機のない展開がしばしつづく。ゆっくり回させるためにひたすら「オーレ!」とのんびりボール回しを後押しする応援。
直樹がハイキックをしてもカードはでない。ツッチーに「ラッキーだね!」と話す。主審もアウェーなのに敵ではないのはありがたい。
d0007758_14324015.jpg

もう冷静に対処すればいい。いつもの「エ!フ!マリノス!」から、「エフーマリーノス」コールに切り替え、できるだけスローペースで、ピッチに落ち着きをうませるコールをする。

何度目かのFKの時、ピッチとトラックが近すぎるため、助走するためにボールをセットしてさがるドゥトラが段差で転びかける。危ない危ない、でもちょっとお茶目☆

ここからは哲也の時間。相手の威力のないミドルシュートを悠々と足で止める。キックをするふりをしてなかなか蹴らない!ゆっくり時間を使う哲也。足が重くなってる相手FWが哲也に早く蹴らせる為に疲れてる状況で走って奪いに行く。その様子を冷静にみながらボールをキャッチし、時間の限りゆっくりゴールキック!
最高だ哲也!!1番アウェーでの時間の潰し方を実践している!!影のMVPだな、時間を有効利用したという意味で!!

ラスト10分を切った段階で大島がライナー気味のミドルを打ったり、遠目からドゥトラが力強いミドル。前半、ボランチに上野がいない事でアクセントとなるミドルレンジがないよなぁ、とワタル君と話していた事を思い出す。しかし、今いる選手でもしっかりゲームを組み立てれている。時間を有効に使っている。

再三、サイドを突破していた隼磨に強烈なファールが何度も浴びせられる。ついにピッチの外へ出る隼磨。「ゆっくり時間を使え!」スタンドから思わず絶叫。隼磨には選手挨拶の時に拍手で迎えて上げたい。時間がかかってでもピッチに戻って欲しい。

目の前では背番号17が交代出場する用意をしている。アデマールの登場だ!隼磨と交代なら嫌だな。まぁ、ポジション的にはないと思うが。
アデマールが入る前に隼磨がピッチに戻る。拍手をする。
d0007758_14322125.jpg


アップしているアデマールに「アデマール!アデマール」とコール。こっちを向いて手を挙げるアデマール!清水と交代だ!試合終了ギリギリまで走り抜いた清水に「清水」コール。お疲れ様!そしてありがとう!!
コーナーキックのタイミングでアデマール投入!!
d0007758_14333251.jpg


コーナーキックはかなりマイナス気味。暑さと疲労から意識朦朧しているのか、蹴った瞬間、00年のアジア杯の名波のように、きっと誰かが後からミドルをぶち込んでくれる!と妄想している自分(笑)そんな選手マリノスにはいません(笑)

ボールが切れたタイミングで「アデ!アデ!アデ!アデ!」とアデマールコール!試合中なのに手をスタンドにあげるアデマール!いい選手だ!インドネシアへ来たサポーターのココロを鷲掴み!

さて、PSMのサポは応援をすでにやめているが、ゴール裏の方では2カ所くらい煙が立ち上り始めている。発煙筒の色とは違い、明らかに何か燃やしている。スタジアムを包み始める不穏な空気
できればここでトドメの3点目を決めてPSMサポを帰らせて欲しい所。まぁ、90分走り回ってる選手に対して無理すぎる要求であるが。

第4審判がロスタイム3分の表示をかかげる。あと3分の戦いだ!!
d0007758_14331790.jpg

[PR]

by TABI_chan | 2005-03-24 11:57 | 観戦記


<< vsPSMマカッサル@マカッサ...      vsPSMマカッサル@マカッサ... >>